白髪と遺伝

加齢とともに白髪が増えてきますしかし白髪の多さは個人差があり高齢になってもほとんど白髪がない人もいますこの理由が遺伝もありますがやはりアンチエイジングや女性ホルモンなどの影響も大きく関係しているでしょう白髪染めというと中高年の必須アイテムのように感じますが中には若白髪で悩んでいる人も少なくありませんある程度の年齢になれば白髪が増えて当然ですし周りの白髪対策をする人が多くなりますしかし若白髪のある人は非常に少人数ですしかなり目立ってしまいます若白髪の大きな原因は生活習慣やストレスなどが影響していると思われます受験時期になると白髪が増えてしまったという人も少なくないかもしれません現代はストレス社会と言われているようにストレスが原因で若いうちから白髪に悩んでいる人もいます過剰なストレスは老化を早めますまたストレスによってホルモンバランスが崩れてしまい早くから白髪になってしまうこともありますストレスで起こりやすい髪の症状のもう一つが髪が薄くなったり剝げたりすることです髪の毛が薄くなるのに比べれば白髪は髪を染めれば何とかごまかしが利くのでまだマシだと思う人もいるかもしれませんしかし長年髪を染めることで頭皮へのダメージは大きくなっていきますしそれがやがて髪が抜ける原因に繋がる可能性もあります白髪を減らしていくためにはやはりストレスを溜めないことや生活習慣を改善していくことが必要です喫煙も白髪を増やす原因になりやすいようです心身の大きなストレスやダメージを与え続けることは自分の弱い部分にその症状がやすくなってしまいます白髪になりにくい体質の人でも過剰なストレスで他の部分に異常をきたしてしまう可能性がありますしかし白髪は目に見える変化なのでできるだけ予防と改善が必要です不規則な生活や睡眠不足または食生活の乱れなども白髪を増やしてしまう原因ですこれらやストレスが原因で白髪が増える時はホルモンの乱れにも気をつける必要がありますホルモンバランスが乱れてくると様々な体調不良を引き起こします疲労が溜まっていたり必要な栄養が摂れていないと免疫力が低下しホルモンバランスも崩れやすくなってしまいます特に更年期を迎える世代ではホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます意識的にアンチエイジングを行い見た目年齢を老けさせる白髪を根本的に改善していきたいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です